ドマコミュの家/A House Continued from an Inner Terrace

建設地 :北海道石狩市

用途  :専用住宅

構造  :木造

敷地面積:295.25㎡

建築面積:  77.43㎡

延床面積:155.45㎡

工事費 :2000万円台

写真  :安達治

北海道石狩市の閑静な住宅街での計画。

地区計画で区画は200㎡以上と定められ、

ゆったりとした印象のある地域の角地で、

北側は中学校のグラウンドがあり見通しが良く街路樹が多く植えられている。

 

クライアントは30代夫婦と子供2人、交流関係が広く親戚も多い。

たくさんの人が訪れる住宅になることを手がかりに設計をはじめた。

「プライベートな空間」と「人が集まる空間」を明確に分けずに

その時々のシーンに合わせてスペースを変更できる住宅であれば

ストレス無く多くの人が集う家になるのではと考えた。

 

ゆったりとした地域なので塀などの囲いはせず

地域からつながっていくイメージを大切にし、

地域→庭→テラス→屋根付きテラス→

インナーテラス(土間)→縁側→LDK or 2F(プライベートな空間)

と外部から内部を複数の段階を得る事により距離感の調整をした。

 

庭からプライベート空間までオープンにし一体として利用する事もでき、

各々のスペースを区切り小さく利用する事も出来る。

 

1Fのインナーテラス(土間)から吹抜を通じ2Fのフリースペースへつながり

1Fのリビングから吹抜を通じ2Fの寝室へつながる。

個人の空間はしっかりと保ちながらも家族のつながりのある空間となった。

 

テラス上の外壁は910mmハネ出しとし、

これにより大きな屋根付きテラスと2Fの床面積を確保した。

 

外部のような、あいまいな空間のインナーテラス(土間)から

コミュニケーションが広がっていく。

 

天井高さは2200mmを基本としている。

天井を低くおさえる事で落ち着きある空間となり

2ヶ所の吹抜の存在感が際立つ。

また暖房効率が良く寒冷地では有効である。

This is a plan for a quiet residential area in Ishikari City, Hokkaido.

The site is on a corner of a spaciously laid out neighborhood, where each lot’s size is designated to be more than 200㎡ in the district plan. With the field of a middle school on the north side, the site has an open view and abundant roadside trees.

 

The clients are a sociable couple in their thirties with two children, and they have many friends and relatives.

The design process started with a hint: a house for welcoming many guests.

We thought the house will be a stress-free place to welcome many guests, if it has no explicit boundaries between private and public spaces, and if its spaces can be altered depending on the occasion.

 

Since the neighborhood is spacious, the house is not surrounded by fences, and an emphasis was placed on a feeling of continuation with the neighborhood. A sense of distance was adjusted by setting multiple stages from outside to the inside: the neighborhood→ garden → terrace → roofed terrace → inner terrace (doma) → open corridor→ the living room/dining room/kitchen or private spaces on the second floor.

 

The garden to the private spaces can be used as a continuous open space, or can be segmented to be used as small spaces.

 

The inner terrace (doma) on the first floor is connected to the free space on the second floor via the open ceiling, and the living room on the first floor is connected to the bedrooms on the second floor via the open ceiling.

While securing private spaces, the plan created spaces to connect the family members.

 

The exterior wall above the terrace overhangs 910mm, in order to have a large-sized roofed terrace and floor area on the second floor.

 

Communications diffuse from the inner terrace (doma)—an obscure, outdoor-like space.

 

※doma=“earthen floor space of traditional Japanese houses ”