Flow/仕事の進め方

■ステップ1

<ヒアリング>

 

どんな家に住みたいかイメージだけでも良いので

希望や夢を聞かせて下さい。

趣味や休日の過ごし方なども家づくりのヒントになります。

クライアントと建築家がイメージを共有することが大切です。

家づくりのパートナーとして共に進めるか考えながら相談して下さい。


■ステップ2

<基本設計 約3ヶ月>

 

イメージが共有できたら各種調査結果を相互的に

考えながらプランニングがスタートします。

基本となる図面や模型、パースを作成しながら

クライアントに要望などを追加でヒアリングをし

図面にフィードバックして調整します。

クライアントが納得いくまで行います。

設計監理契約するか判断して下さい。

(fee1)


■ステップ3 

<実施設計 約3ヶ月>

 

実際の建物を建設するための設計図書を作成します。

建築・構造・電気・設備など建物を建てるための

すべての内容を図面化したものです。

材料はサンプルを手で触って確認しながら選択し

照明、衛生機器などの詳細内容も決定します。

クライアントの代理として確認申請書類を作成し提出します。

必要な場合は他の申請業務も行います。

(fee2)


■ステップ4 

<見積・見積調整 約1ヶ月>

 

完成した設計図書をもとに通常3~5社程度の建設会社へ

見積りを依頼します。

建設会社から提出された見積書は内容が適正であるか精査し、

予算をオーバーしていれば仕様の見直しや交渉を重ね

最終工事費を決定します。

このチェックにより見積金額が大きく減額になることもあります。

自社設計・施工の工務店やハウスメーカーとは違い

施工とは独立した第三者としてチェックするからです。

設計事務所と家を作るメリットです。


■ステップ5 

<工事監理 約4〜5ヶ月>

 

最終の工事費が決定したところで、建設会社と工事契約を結び

工事着工となります。

工事期間中は設計者が工事の監理をするという

プロセスが品質確保のうえでとても大切です。

自社設計・施工の工務店やハウスメーカーとは違い

施工とは独立した第三者としてチェックするからです。

設計事務所と家を作るメリットです。

工事監理は、設計図書通りに実際の工事がなされているか

検査・確認することです。

2週に1、2回程度の現場定例打合せを行います。

この打合せには必要があればクライアントにも参加して頂きます。

工事期間中は継続的に行います。

その後、工事が完了したところで、確認機関の各種検査、

設計事務所検査、クライアントの検査を経て、

必要であれば手直し工事を行ってから、

クライアントに建物を引渡して完了します。(fee3)

 

1年の経過後,不具合が無いか設計事務所と施工会社による検査を行います。



■設計事務所への支払い

 

設計監理料は住宅だと

工事費の10~12%程度です。

 

1.基本設計完了時 (fee1 30%)

2.実施設計完了時 (fee2 30%)

3.引渡し時 (fee3 40%)


■施工会社への支払い

 

工事金額の支払いは一般的に

 

1.工事契約時(1/3)

2.上棟時 (1/3)

3.引渡し時 (1/3)


■その他必要な費用の目安

 

FP依頼料(建築費の1%)※要望があれば

確認申請、完了検査費用(4万5千円〜)

地盤調査費用(3万円〜)

地鎮祭費用(3万円〜)

登記費用(10万円〜)